PR

 東北大学と気象庁らの研究グループは2016年7月14日、約6600万年前に小惑星の地球への衝突により成層圏に放出されたすすが、地球規模の気候変動を引き起し、恐竜やアンモナイトなどの絶滅を起こしたことを、有機分子分析と気候モデル計算により解明したと発表した。これまで、約6600万年前の小惑星衝突が恐竜やアンモナイトなどの絶滅を起こしたことは分かっていたが、どのように絶滅したのかのプロセスはよく分かっていなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料