PR
リトルソフトウェアCTOの川原達夫氏
リトルソフトウェアCTOの川原達夫氏
[画像のクリックで拡大表示]
NeuroSky社製脳波センサーを使って感情を推定した結果をスマートフォンに表示する
NeuroSky社製脳波センサーを使って感情を推定した結果をスマートフォンに表示する
[画像のクリックで拡大表示]

 運転中のイライラや疲労を推定する――。

 脳波で人の感情を見極めるアルゴリズムを開発するベンチャー企業が、自動車業界で注目を集めている。創業3年目で、社員数がわずか5人のリトルソフトウェアだ。創業者の一人でCTO(最高技術責任者)の川原達夫氏は、「日本の自動車メーカーのほとんどから声がかかっている」と明かす。そのうち数社と共同研究しているようだ。

 リトルソフトウェアは、市販の脳波センサーで測定したデータを基に、運転中の感情をリアルタイムで6種類に分類するアルゴリズムを開発した。「平常心」「眠気」「ヒヤリハット」「イライラ」「快適」「疲労」――である。リトルソフトウェアは、56種類の感情推定アルゴリズムを有する。そのうち、自動車の運転中の感情に焦点を当てたものが上記の6種類になる。