アフリカでダイナミックに急成長

 オフグリッドの再エネがダイナミックに急成長している「ハブ」と言えるのが、アフリカである。

 太陽光発電と蓄電池にLEDを組み合わせた照明ソリューションの開発に加えて、導入時や資金の工面における「Pay-as-You-Go(PAYG)」オプションや携帯電話ベースの決済プラットフォームといったイノベーションが、アフリカにおける再エネの拡大に寄与している(関連記事2)。

 アフリカにおけるオフグリッド関連産業は、2011年には200万人にサービスを提供しているに過ぎなかったが、現在では、南アフリカの総人口にほぼ等しい約5300万人に供給しているという。

 同レポートによると、オフグリッド再エネの設備容量で世界のリーダーとなっているのがアジアで、現在アジア大陸の7600万人にサービスが供給されている。

 発展途上国において最も高い電化率となっているのは南アメリカで、この地域では、「ラストワンマイル」の電力供給のカギをオフグリッドの再エネが握っているとしている。

 オフグリッドの再エネ・ソリューションはまた、幅広い用途や分野への電力サービスを提供するために導入が進んでいるという。具体的には、農業、電気通信インフラ、医療センター、学校、地域の事業者などが含まれる。

 オフグリッドのソリューションをエネルギー供給と連携させることでさまざまな社会経済的な利点が得られるため、「エネルギーへのアクセス」(SDG7)だけでなく、雇用の創出、経済の活性化や成長、健康の増進といった複数のSDGsに寄与するとレポートでは強調している。