東北大学は2016年7月21日、形状記憶特性を示すマグネシウム合金の開発に成功したと発表した。従来の形状記憶合金(ニチノール)と比べて約70%軽く、航空・宇宙材料など軽量性が求められる工業製品や、ステントなどの医療デバイスへの適用が期待される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い