PR

東芝ら13法人は、環境省の「環境配慮型CCS実証事業」に採択された。CCSは、火力発電所などから排出されるCO2の回収・貯留を意味し、地球温暖化対策に貢献する技術として期待されている。参加法人は、東芝、みずほ情報総研、千代田化工建設、日揮、三菱マテリアル、大成建設、ダイヤコンサルタント、QJサイエンス、日本エヌ・ユー・エス、産業技術総合研究所、電力中央研究所、東京大学、九州大学。プロジェクトリーダーは、産業技術総合研究所 名誉リサーチャーの赤井誠氏が務める。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックのお薦め

さよならオフィス
アーカイブ配信中!「日経クロステック EXPO 2020」

アーカイブ配信中!「日経クロステック EXPO 2020」

カンファレンスを見逃した方に

10/12~10/23まで開催した「日経クロステック EXPO 2020」のカンファレンスを再配信中です。見逃した方は「日経クロステック EXPO 2020」のサイトからご覧ください。出展社の資料や動画も見られます。

事前登録はこちら