PR

 パナソニック スマートファクトリーソリューションズ(PSFS)は、食品加工の自動化システムの構築に強みを持つスキューズとの業務提携を発表した(ニュースリリース)。今回の提携をPSFSは、食品加工の自動生産ラインへ参入する足掛かりにしたいとする。

 これまでPSFSは、電子部品の実装設備や溶接ロボットなどの分野を通じて、生産ライン全体を一括管理・制御するスマートファクトリー関連技術や、RFIDなどの無線通信技術、国内外への販売・サービス網を培ってきた。これにスキューズの持つ、コンビニエンスストア向け総菜工場の自動化に向けたロボットシステムの企画・開発・運用・保守の知見を取り込んで、工場の安定稼働や生産品質の向上、生産品のトレーサビリティーなどを提供していく。当面は食品加工業界向けの自動化ソリューションに取り組むが、将来は流通や物流、外食などにも事業範囲を拡大する予定だという。

 食品加工業界では、手作業が多い弁当や総菜づくりなどで工程の一部または全てを自動化するニーズが高まっている。シニア層や単身世帯の増加、女性の社会進出と言った社会環境の変化から、「中食」とも呼ばれる調理済み食品の需要が増加している一方、少子高齢化による人材不足が深刻化していることが背景にある。