PR

シマンテックは、自動車のハッキング対策ソフトウエアを開発、2016年7月27日に日本で発売すると発表した。車載LAN「CAN」に流れる正常な信号を機械学習させて、特徴を把握する。ハッキングされて異常な信号が流れると、見つけられる。既存のCANの構成を変えることなく、実装できる。車両への搭載時期は2018~2019年を目指す。価格は、車両1台当たり2000円(税抜き)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中