PR
お出かけ支援ツール「Me-MAMORIO」の概要
お出かけ支援ツール「Me-MAMORIO」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 エーザイとMAMORIOは、認知症者を対象とするお出かけ支援ツール「Me-MAMORIO」の開発提携に関する契約を締結した。行政や医療従事者、介護関係者などの協力のもと、Me-MAMORIOの実用化に向けた実証実験と開発を実施する。

 Me-MAMORIOは、近距離無線通信規格であるBluetoothを活用した小型タグで、全地球測位システム(GPS)端末よりも小型・軽量なのが特徴。この小型タグを身につけた認知症者と、専用アプリケーションがインストールされたスマートフォンを持つ地域住民が近付くと、スマホが位置情報を自動的にサーバーへ送信。さらに、介護関係者や家族などへ位置情報が自動的に通知される。

 一方で、地域住民側にMe-MAMORIOを持った認知症者と接近したことは通知されない。地域住民は、Bluetoothをオンにしたスマートフォンを持っているだけで、認知症者のお出かけを支援できるという仕組みだ。

 今回の開発提携において、エーザイはこれまでに培ってきた認知症に関するさまざまなアセットを、MAMORIOは紛失防止IoTタグ「MAMORIO」プラットフォームで蓄積されたアセットを実証実験や開発に活用する。