PR

 ローランドは、太鼓芸能集団「鼓童」と「電子担ぎ太鼓」の試作機を共同開発した(ニュースリリース)。国際文化交流フェスティバル「アース・セレブレーション 2017」(新潟県佐渡市)での特別パフォーマンス「電子と原始」(2017年8月19日)にて、同機を使った演奏を披露する。

「電子担ぎ太鼓」(写真:プレスリリース)
「電子担ぎ太鼓」(写真:プレスリリース)
[画像のクリックで拡大表示]

 「電子担ぎ太鼓」は、伝統的な担ぎ太鼓のデザインや構造を基に、ローランドの電子ドラム/パーカッション技術を応用した。打面を叩いた時の振動をセンサーで検知し、その信号を配線を介して同社の電子ドラム/パーカッション音源に送り、音色を発音するという仕組み。和太鼓だけでなく、さまざまなパーカッションの音色を発音できる。センサーは打面中央部、端部だけでなく「フチ」と呼ばれる外周部の3カ所に配置することで、担ぎ太鼓と同じ奏法、打感を実現したとする。打面には同社独自のメッシュ素材を採用することで演奏時の消音性を高めており、場所を選ばず練習が可能という。

「電子担ぎ太鼓」の演奏イメージ(写真:プレスリリース)
「電子担ぎ太鼓」の演奏イメージ(写真:プレスリリース)
[画像のクリックで拡大表示]

 ローランドは、これまでに電子ドラム「Vドラム」や箱型の打楽器カホンを電子化し音色表現を増やした「エルカホン」など、ドラムやパーカッション製品の電子品開発を進めてきた。和太鼓については、音色の忠実な再現や和太鼓固有の奏法に対応する機構設計といった点で難易度が高く、製品化に至っていなかった。今回の取り組みについては、和太鼓の表現力向上や芸術的発展を目指す鼓童とローランドの理念が合致、2016年から共同開発を開始していた。