PR

新日鉄住金グループは、パワー半導体向けのSiC(炭化ケイ素)ウエハー事業から撤退する。新日鉄住金が手がける昇華再結晶法による150mm口径(6インチ)のSiC単結晶ウエハーの研究開発と、完全子会社の新日鉄住金マテリアルズが手がける100mm口径(4インチ)品に関する事業開発を終了して、グループが保有する関連資産を昭和電工に譲渡する。終了時期は2018年1月末の予定。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料