PR

大日本印刷(DNP)と電気通信大学(電通大)は、人間の言葉や表情、ジェスチャーに応じて、AI(人工知能)が自動的に返答やジェスチャーを生成する「表現AI」の研究を始めた。2017年度中に、ロボットやチャットボットなどの情報デバイスがジェスチャー付きで会話するプロトタイプを開発し、自動プレゼンテーションの実証実験を行う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料