PR

東芝は、非線形方程式の最小解問題を安全性の根拠とする公開鍵暗号(耐量子公開鍵暗号)を開発した。量子コンピューターの実用化などにより安全性が危惧される従来の公開鍵暗号の代替を狙う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料