PR

ラピスセミコンダクタ(本社横浜市)は2017年8月7日、2種類の低電力広域通信(LPWA)に対応した無線通信LSI「ML7404」の開発を発表した。「SIGFOX」と「IEEE802.15.4k」に対応するとともに、BPSK変調用の回路を内蔵してSIGFOX通信を低消費電力化した。IEEE802.15.4kとSIGFOXに両対応で変調部をハード化した無線通信LSIは「業界初」(同社)とする。2017年7月からサンプル品を出荷中。サンプル価格は1000円(税別)。量産出荷時期は同年12月を予定している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料