PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 米Microsemi社は、NVM Express(NVMe)インターフェース対応のフラッシュ・メモリー・コントローラーIC「Flashtec NVMe Controller」の新製品として、「Flashtec NVMe2108」を発表した(ニュースリリース)。Flashtec NVMe Controllerの第3世代品である。

 新製品は8チャネルのフラッシュインターフェースを備え、各インターフェースには最大8つまでのフラッシュ・メモリー・チップを接続できる。対応可能なフラッシュメモリーは最新の3D NANDを含むSLC、MLC、TLC。現在開発が進められているQLC NANDにも対応できると同社は説明する。また、フラッシュインターフェースはトグルモードとONFI(Open NAND Flash Interface)の両方に対応できる。キャッシュメモリーとして、DDR4-2133を最大16Gバイトまで利用できるとする。PCI ExpressはGen3 x4に対応するが、これを2つの独立したGen3 x2として利用することも可能。

 NVMe2108にはDDR4インターフェースが32ビット幅/4ランクの「NVMe2108HC」と、16ビット幅/1ランクの「NVMe2108LC」の2製品が用意され、どちらも17mm×17mmの623ボールFCBGAパッケージ封止。両製品とも量産出荷開始中。価格は未公表である。