PR

検出感度は98%

 開発したシステムによる大腸ポリープの検出感度(AIが正しく検出した確率)は98%、陽性的中率(ポリープとして検出したものが、正しくポリープであった確率)は91.2%だとする。内視鏡専門医であっても発見が容易ではない平坦なポリープや微小ポリープに限定した場合でも、検出感度は93.7%、陽性的中率は96.7%となり、高い精度が確認されたという。

実際の内視鏡検査環境で用いた臨床試験の様子(東京慈恵会医科大学付属病院の内視鏡室)
実際の内視鏡検査環境で用いた臨床試験の様子(東京慈恵会医科大学付属病院の内視鏡室)
[画像のクリックで拡大表示]

 研究成果を踏まえ現在、東京慈恵会医科大学附属病院の内視鏡室に本システムを設置し、臨床現場での評価に基づいた改良に取り組んでいる。2019年度は国立がん研究センターと共同で、同システムの有効性の確認を進める予定としている。