PR
実証実験のイメージ図 九州大学と富士通研のデータ。
実証実験のイメージ図 九州大学と富士通研のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所富士通ソーシャル数理共同研究部門、富士通研究所、福岡県糸島市の3機関は、糸島市への移住相談に自律的に成長するAI(人工知能)を活用する実証実験を行う(九州大学のニュースリリース:PDF富士通研のニュースリリース)。AIが移住希望者と市の担当者の間の会話をつなぐ役割となることを目指す。

 今回の実証実験では、移住希望者と移住候補地を適切にマッチングするために、マッチングそのものではなく、移住希望者が自らの希望を正確に知るための手助けとしてAIを活用する。AIは、単純な地域情報だけでなく、地域の行事や雰囲気など生活に密着した情報を移住希望者へ提示し、移住希望者は提示された内容について評価を行う。この評価作業を繰り返すことで、AIは自律的に学習を重ね、移住希望者と移住候補地のマッチングを支援する。糸島市は市域が広く、海、山、田園、市街地、離島とさまざまな地域特性があるため、移住希望者が提案に対して評価を繰り返す中で自らの要望に気づき、ミスマッチングを減らすほか、情報不足による不安を解消する狙いがある。

 それぞれの役割は、糸島市が移住希望者・地域住民インタビューのフィールド提供と、移住地域推薦のノウハウを提供し、九州大学と富士通研はAIの開発と評価検証を担当する。九州大学と富士通研は、小規模データからスタートするAIの構築を目指し、移住希望者の特性と好みの関係を数理技術を用いてモデル化する。移住希望者の評価に基づいてAIが好みを学習し、自動で数理モデルを修正しながら自律成長していく技術を構築するという。同じ属性の移住希望者に対して、実証前の移住相談と比較し、満足度がどの程度向上するのか、行政サービスの質についても効果を検証する。

  2016年9月から10月まで少数の被験者によるプレ評価を行い、2016年11月から2017年3月まで糸島市役所や全国の移住・定住支援イベント内糸島市ブースにおいて、移住相談の場で効果検証を行う。今後、九州大学と富士通研は、人の好みや希望といった心理に関する数理モデルとAI技術を融合し、多様な社会課題の解決に向けた研究を行う。富士通研は、実証実験の結果を基に自律成長AIの改善を行い、2017年度中に富士通のAI技術「Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」(関連記事)の新技術として、実用化を目指す。