PR
ファナック代表取締役会長の稲葉善治氏
ファナック代表取締役会長の稲葉善治氏
[画像のクリックで拡大表示]
FILED systemについて説明するファナック専務取締役ロボット事業本部長の稲葉清典氏
FILED systemについて説明するファナック専務取締役ロボット事業本部長の稲葉清典氏
[画像のクリックで拡大表示]
FIELD SystemのAPI
FIELD SystemのAPI
アプリケーションと接続するためのFIELD APIと、ハードウエアと接続するためのコンバータAPIから成る。
[画像のクリックで拡大表示]

 ファナックは、工場向けネットワークシステム「FANUC Intelligent Edge Link and Drive(FIELD)system」のパートナー企業らを集めたイベント「FIELD system Partner Conference」を2016年8月29日に東京都内で開催。ロボットやPLC(Programmable Logic Controller)などのハードウエアおよびアプリケーションと、FIELD systemを接続するためのAPIのアルファ版をパートナー企業に対してリリースするとともに技術説明会を行った。

 FIELD sytemは、工場の複数のロボットや工作機械、FA機器、センサーなどをつないで生産を最適化するためのプラットフォーム。米Cisco Systems社や米Rockwell Automation社、Preferred Networks(本社東京)らと開発を進めている(関連記事12)。今回のイベントは、2016年12月に予定しているFIELD systemの初版リリースに向けてのキックオフ会議とも言うべきもので、インテグレーションパートナーとなる大手電機メーカーや、エンドユーザーとなる大手自動車メーカーなど200社以上のパートナー企業が参加。夕方から開催された懇親会にはそれらパートナー企業から500人以上が集まり、FIELD systemに対する関心と期待の高さが伺えた。

 懇親会の冒頭で登壇したファナック代表取締役会長の稲葉善治氏は「FIELD systemは、工場の『見える化』だけではなく、ロボットの衝突防止など高度な処理に対応できる。さらに深層学習機能により工場全体の知能化が可能な、将来を先取りしたシステム」と、同システムへの自信を覗かせた。