PR

 双日、アイ・サイナップ、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)の3社は、無線通信技術「LPWA」のひとつであるIoTネットワーク「Sigfox」を活用した物流IoTサービスで協業する。Sigfox対応センサーデバイスおよびアプリケーションサービスを開発・提供することで、サプライチェーン全体の効率化、集配効率の向上、積載量の変動(ムラ)の緩和を図り、物流の生産性向上に貢献するという。2017年8月28日に発表した(双日のニュースリリースKCCSのニュースリリース)。

Sigfoxを活用した物流IoTサービス提供イメージ
Sigfoxを活用した物流IoTサービス提供イメージ
(図:3社共同のニュースリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

 物流業界では近年、安全性と効率性の両立、環境にやさしい物流サービスの構築・運用、グローバルサプライチェーンマネジメントの高度化、リアルタイムでシームレスな情報連携への対応が求められている。同サービスでは、物流アセットの位置・稼働状況の事業者間での連携、貨物の発送情報・積載情報などを荷主とドライバー間での共有に焦点を当てて開発する。

 これまでは通信料・電源・通信基盤(エリア)の制約のため、物流に関するデータを収集・分析できなかった。同サービスでは、電池交換が複数年不要なセンサーデバイスの費用、Sigfox通信費、クラウド利用料の全てを含むサービスを低価格で利用できることを目標とする。

 開発するデバイスは、位置・稼働状況を把握するGPSトラッカー、GPSトラッカー&温度センサー、Sigfox基地局測位トラッカー、ボタンデバイスなど。ターゲットは、各種コンテナ(特殊コンテナ・リーファーコンテナ・ISOタンク)、被牽引車両(トレーラーシャーシ・ウィングシャーシ)、物流機器(通い箱・パレット)、シェアリングサービス関連事業者(荷主・ドライバー)など。

 双日とKCCSは、東京ビッグサイトで2017年8月29日~30日に開催される「ロジスティクスソリューションフェア2017」に、Sigfox対応のGPSデバイスを参考出展する。3社は、サービスに興味のある物流事業者と実証運用を推進し、さらなる改良と検証で仕様を確定して2018年度内の実用化を目指す。

 Sigfoxは、仏Sigfox社が提供するグローバルなIoT用ネットワーク規格。2009年にフランスで導入が始まり、現在は32カ国で展開。2018年までに60カ国に拡大する予定。欧州では、物流、社会インフラ、ヘルスケア・見守り、防犯・防災、農業などの分野で、Sigfoxを活用したIoTソリューションの普及が先行しており、日本でも今後さまざまな分野での活用が見込まれている。