PR

 NECは、医薬品卸売業の東邦ホールディングス(東邦HD)とともに、AI(人工知能)を用いて、倉庫運営における人員配置の最適化を行う実証実験を行った(ニュースリリース)。庫内作業のピーク時間帯において最大20%の生産性が向上し、有効性を確認したという。

今回実証実験した系の概要
今回実証実験した系の概要
(図:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の実証実験は、2017年7月に実施。東邦HDの医薬品管理におけるノウハウと、NECのAI技術群「NEC the WISE」(関連記事)の1つ「自律適応制御技術」を組み合わせた。WMS(庫内管理システム)で把握している「倉庫内の人員配置状況」と「出荷作業の進捗情報」から、直近の残りの作業と現在の人員による生産性をもとに、最適な人員配置をAIでリアルタイムに分析・設計する。管理責任者の経験を問わず、適切かつ柔軟な設計・判断のサポートが可能だとする。

画面表示のイメージ
画面表示のイメージ
(図:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、AIによる分析結果をもとにフロア全体の必要人員数や、フロア内の各エリアの最適な人員配置数、現在のエリアごとの作業要員数、作業進捗状況を同時に表示できる。人員配置の設計において、その背景や状況がわかることで、作業員自身も理解したうえで作業を進めることができるという。

 なお、NECは2017年度中に、実証実験した手法を用いたサービスを卸業界向けに発売する予定。

画面表示のイメージ
画面表示のイメージ
(図:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]