PR

米Qualcomm Technologies社は、Cellular Vehicle-to-Everything (C-V2X)IC「9150 C-V2X」と同ICをベースにした参照設計を発表した。C-V2Xでは、クルマと周辺にあるモノ(クルマ/道路インフラ/歩行者など)との通信である「V2X:Vehicle-to-Everything」と、クルマと移動通信網間通信(V2N:Vehicle-to-Network)の両方を行い、自動運転やADASの実現容易化を狙う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い