PR
実証実験のイメージ(図:日立製作所のプレスリリースより)
実証実験のイメージ(図:日立製作所のプレスリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所と日立ビルシステムは2016年9月2日、日立が開発したヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用した旅客サービスの実証実験を、日本空港ビルデングの協力のもと羽田空港国内線第2旅客ターミナルで同日開始したと発表した(ニュースリリース)。人が多く集まる場所での接客・案内サービスの充実に向けた、新たな付加価値の創出を目指す。

 日立は、人と対話し行動するロボット「EMIEW」を2005年に開発。その後改良を重ねて、EMIEW3を2016年4月に発表した。EMIEW3は、多言語対話機能や自律走行機能などを搭載し、来訪者に対して店舗や施設などの情報案内や目的地までの誘導を行える。実証実験を通じて、多様な来訪者に合わせたサービス品質の向上、案内方法の最適化によるスムーズな移動の実現などを行っていく。

 ステップ1(2016年9月2日、9月6~7日)では、EMIEW3は専用の案内カウンターで空港利用者を迎え、日本語と英語の2カ国語で応対する。案内カウンター隣に設置した案内情報ディスプレーと連携し、地図や空港施設の概要、店舗の写真などの情報を表示しながら案内する。場所は、羽田空港国内線 第2旅客ターミナル2階 出発ロビー 保安検査場D前 時計台6番付近。

 ステップ2(2016年9月8~14日)では、EMIEW3は空港利用者の問いかけに対して、自律走行で案内情報ディスプレーまで誘導して回答と説明を行う。ステップ3(2016年12月ごろ予定)では、空港利用者の要望に基づき、EMIEW3がフロア内を広範囲に走行して目的地まで案内する。ステップ2・3は、それぞれ前段階での実証実験の結果・評価に基づいて内容・場所を検討する。