PR

 KDDIと韓国Samsung Electronics(サムスン電子)社は2017年9月7日、時速190km超で走行する車両からの5Gハンドオーバー実験に成功したと発表した(KDDI株式会社のニュースリリースSamsung社のニュースリリース)。時速190km超でのハンドオーバーは世界最速だという。

5Gハンドオーバー実験の様子
5Gハンドオーバー実験の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の実験は、2017年8月25日に韓国龍仁市の「Everland SPEED WAY」にて行われた。28GHz帯を使い、複数の基地局間を時速192kmで走行しながらのハンドオーバーを確認した。同時に車両速度を時速205kmにまで上げての5Gデータ通信も実施。Samsung社によると、時速205kmでの5Gデータ通信成功も世界初だという。実験ではこの他にも、ハンドオーバー中断時間や、上りリンク/下りリンク時スループット、遅延時間を確認した。

 両社は2017年2月にも東京都内で、28GHz帯、時速60kmでの走行車両ハンドオーバー実験を実施している。今後もコネクティッドカーなどへの5G活用を推進し、新たなサービスの創出を目指していくとしている。