PR
富士通の見守りシステムのイメージ
富士通の見守りシステムのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は、居住者の見守り用に生活音や人の気配を解析して、プライバシーを確保しつつ居住者の状況を把握できるシステムを2017年10月に介護施設へ導入する。生活音を使った見守りシステムが介護施設に採用されるのは初めてという。

 導入するシステムは、音響センサーと温湿度センサーなどを搭載した専用装置を居室内に設置、センサーデータを逐次クラウドサーバーに送る。クラウドサーバーが解析して、状況を把握する。生活の気配が例えば24時間確認できない場合、異常音が発生した場合、コールセンターに通知する。カメラで居住者の姿を撮影したり、会話を録音したりしないため、居住者のプライバシーを侵すことがない。

 導入した介護施設は、NPO法人わたぼうしの家。施設職員によって24時間365日の見守りサービスを提供してきたが、対応できる施設職員の確保や、夜間の緊急呼び出しなどによる業務負荷の増大が課題となっていた。今回のシステムの導入によって、同施設に代わって富士通のグループ会社が24時間365日の対応をする。グループ会社には、看護師の資格を持った専門スタッフが常駐している。同施設の夜間の施設運営コストは約80%削減できるという。