PR

オランダRoyal Dutch Shell社は2017年9月13日、米国カリフォルニア州北部に7カ所の水素ステーションを設置すると発表した。トヨタ自動車やホンダの支援を得ながら、燃料電池車(FCV)の普及を後押しする。想定よりも早い速度で電気自動車(EV)の普及が見込まれる中、Shell社は水素充填インフラの整備によって“燃料供給元”としての地位を維持したい考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い