PR

ダイキン工業と日立製作所は、IoT(Internet of Things)を活用し技能伝承を支援する生産モデルの確立に向けて連携する。両社はろう付け技能の訓練支援システムを構築し、2017年10月に実証を開始。同年度中に製造現場での本格運用を開始する計画だ。さらに、ダイキンの他の製造工程や国内外の工場への適用拡大を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い