PR

京セラドキュメントソリューションズ(本社大阪市)は2017年9月25日、複合機用トナーコンテナを生産する玉城工場第7工場(三重県・玉城町)を報道陣に公開した。同工場はトナーコンテナの生産工程の自動化を進めており、生産ラインの作業者を10人から1人に省人化する。加えて、今後自動化ラインを増設し、2020年までに玉城工場での生産能力を400〜600万本と現状の2倍にする予定だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料