PR

東京都市大学の研究チームは、締め付けたボルトやナットをハンマーなどで叩いた際に生じる固有振動数を予測するシミュレーション技術を開発した。この研究は、同大工学部機械工学科講師の岸本喜直氏らによるもの。新技術により、材質の強度に応じたボルト・ナットの締め付け力を計算によって求められるため、設計などにかかる工程の短縮が可能とする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い