PR

ヤンマーとコニカミノルタは、農業リモートセンシングのサービス事業会社ファームアイ(本社大阪市)を共同で設立すると発表した。設立は2017年10月1日付け。ファームアイは、ドローンを用いて農場(圃場)を上空から撮影することによって農作物の生育状況を診断し、改善法を提案する農業コンサルティング事業を手掛ける(図1)。手始めに、稲の生育状況を画像によって判断する技術とともに、水田の中で生育の遅れた稲が多い部分に肥料を多く散布することにより、ムダな肥料を使わずに米の収量増加や品質向上を狙うサービスを開始する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する