PR

 ドイツShaeffler社は、工作機械のIoT(Internet of Things)化に向けたセンシング技術を開発、欧州工作機械見本市「EMO2017(通称EMOショー)」(2017年9月18~23日、会場はHanover Fairground)に出展した。DMG森精機と共同で進めているIoT関連のプロジェクト「Machine Tool 4.0」の一環。直動案内と主軸にセンサーを組み込み、工作機械に異常や故障が生じる前に知らせる予知保全に生かす。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料