PR

富士通研究所は、5G(第5世代移動通信システム)で求められる10Gビット/秒の高速通信を低消費電力で実現できる基地局向けミリ波回路技術を開発した。駅前やスタジアムなどの人が集まる場所で、小型の5G基地局によるミリ波の高速通信を可能にする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い