日立製作所は、素材メーカーに向けた「材料開発ソリューション」を2017年11月1日に発売する。材料の高性能化につながる要因の予測や特定が可能となるほか、実際の材料を用いた実験の前に予備分析が可能となり、実験回数や関連コストの削減など、材料開発が効率化できるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い