東レは2018年8月、欧州における研究開発(R&D)機能強化を目的として、ドイツ・ミュンヘン近郊に「オートモーティブセンター欧州」(AMCEU)を開設する。電気自動車(EV)をはじめとする環境対応輸送機器に必要な素材や工法、構造を大手顧客と連携して開発することにより、厳格化する環境規制目標の達成を目指すという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事