PR

日立製作所は、IoT(Internet of Things)を活用して工場全体の最適な生産計画を立案する「工場シミュレーター」と、3DCADのデータを基に3D作業手順書を生成する「組立ナビゲーションシステム」を2017年11月から提供する。IoTプラットフォーム「Lumada」の産業分野向けシステムとして提供するもの。これらを活用することで、多品種少量生産の工場で生産リードタイムの短縮を図れるとしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料