PR

大阪大学は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトにおいて、高輝度化した青色半導体レーザーを用いて、純銅を積層造形できる3Dプリンターを開発した。同3Dプリンターは、日亜化学工業や村谷機械製作所(石川県金沢市)の協力を受けて、大阪大学と島津製作所が共同開発した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い