PR

富士キメラ総研は2017年11月10日、ITS(高度道路交通システム)関連市場の見通しを発表した。大きな伸びを見込むのは車載カメラ。市場規模は2016年の980億円に対して、2025年には約4.2倍の4150億円となる見通しを立てる。各地域ごとに安全性能を評価する「NCAP」が推奨している、前方車接近警報や衝突被害軽減ブレーキの搭載によって車載カメラの需要は拡大する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い