PR

米国の大手車載部品・システムメーカーのVisteon社は2017年11月13日、ミシガン州南東部に建設中のテストコース「American Center for Mobility(ACM)」に500万ドルを出資すると発表した。都市の道路環境を模した新テストコースで、ACMの開発チームとともに、自動運転やコネクティッドカーの開発を推進する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い