PR
55型の「LMD-X550MT」
55型の「LMD-X550MT」
[画像のクリックで拡大表示]
31型の「LMD-X310MT」
31型の「LMD-X310MT」
[画像のクリックで拡大表示]
付属の3Dアイシールドキット
付属の3Dアイシールドキット
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2017年1月10日、3D映像表示に対応した医療用4K液晶モニターを発売する(ニュースリリース)。高精度かつ奥行きが感じられる映像で、手術を支援する。

 発売するのは55型の「LMD-X550MT」と31型の「LMD-X310MT」の2機種。4K(3840×2160画素)解像度と4Kの放送規格であるITU-R BT.2020信号に対応。従来の医療用液晶モニターに比べて広い色域表示が可能で、3D信号も表示できる。

 3D映像では、全画面表示に加えて複数の表示パターンが可能。子画面1画面でのピクチャーインピクチャー(PinP)表示時や執刀医の対面位置に立つ医師に最適な、180度回転3D表示にも対応する。術野映像を3Dでメインエリアに表示しつつ、参照画像をサブエリアに表示することも可能だ。

 3D信号の伝送方式は、サイドバイサイド/ラインバイライン/トップ&ボトムの各方式のほか、HD/3Dの場合はSDIデュアルストリームに対応。SDI(3G対応)/DVI/HDMIの各種端子を装備し、幅広い3D出力機器と接続できる。

 モニター部は、液晶画面と画面保護パネル間の空気層を樹脂で充填した「オプティコントラストパネル構造」を採用した。画面に当たる光の反射と拡散を低減し、光の乱反射による画像のゆがみやコントラスト感の低下を防ぐ。

 3D映像にも対応する画像強調機能「A.I.M.E.(Advanced Image Multiple Enhancer)」を搭載しており、内視鏡や手術顕微鏡などの映像で輪郭や色を調整して表示できる。長時間使用しても疲れにくい3Dアイシールドキット「CFV-E30SK」(フレーム1本とアイシールド3枚のキット)を同梱する。