PR
医療施設向け4Kビデオカメラ「MCC-S40MD」
医療施設向け4Kビデオカメラ「MCC-S40MD」
[画像のクリックで拡大表示]
手術室での設置イメージ
手術室での設置イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは、手術部位の視野(術野)を高精細に撮影する、医療施設向け4Kビデオカメラ「MCC-S40MD」を2017年3月1日に発売する。実売価格は、別途取り扱いの三軸雲台およびコントローラーとのセットで280万円前後。

 1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを内蔵。1/3型単板イメージセンサーと比較して約9倍の受光面積を持ち、より明るく低ノイズの見やすい映像を撮影できる。総画素数は約2090万画素、有効画素数は約1420万画素(16対9)。カメラ開発で培った高度な画像処理エンジンも備える。

 4Kの高解像度に対応した、光学12倍ズームの大口径レンズを採用。非球面レンズを用いることで、映像のゆがみや色ずれを抑え、すみずみまで忠実な映像を再現するという。さらに、独自の画像処理「超解像技術」を使ったクリアイメージズーム機能を搭載。約20倍の高倍率ズームでも、画質劣化の少ない撮影が可能だ。これらにより、術野の細部や暗部も精緻に撮影でき、高い再現性が求められる医師の教育や術後検証などへの貢献が期待できるとしている。

 露出調整が難しい無影灯(手術室で用いられる照明器具)下でも適切な露出ができる自動露出補正機能や、ブレ補正機能などにも対応。ボディは、凹凸の少ないレンズ一体型の流線形デザインを採用する。また、手術室内の映像機器を集中操作するコントローラーなどからリモート操作できるため、天吊りアームにも装着して使用できる。