PR
センサーノードを手にシンポジウムを説明している坂村氏
センサーノードを手にシンポジウムを説明している坂村氏
東京大学のダイワユビキタス学術研究館のホールで開催した記者発表会の様子。
[画像のクリックで拡大表示]
シンポジウムでの展示や講演の一部
シンポジウムでの展示や講演の一部
[画像のクリックで拡大表示]
東洋大学の新学部「情報連携学部」の建設中の校舎
東洋大学の新学部「情報連携学部」の建設中の校舎
赤羽台キャンパス(東京都北区赤羽台)に竣工する。坂村氏の友人で、東京五輪のメーンスタジアムの設計を手掛ける隈研吾氏が設計した。
[画像のクリックで拡大表示]

 TRONシンポジウム「2016 TRON Symposium –TRONSHOW-」が、2016年12月14~16日、東京ミッドタウン(東京・赤坂、最寄りは六本木駅)で開催される。1986年の第1回開催から33回目となる。TRONプロジェクトを率い、IoTの礎となる研究で世界をけん引している坂村健氏(東京大学教授)は、2016年12月8日開催の記者発表会で「33年間を経た2016年は、IoTが研究段階から実用段階に推移した記念すべき年」であると述べ、シンポジウムのキーワードを「IoT動く」とした。

 技術協賛は米IEEE Consumer Electronics Society(主催はトロンフォーラム、共催は東京大学大学院情報学環 ユビキタス情報社会基盤研究センター、後援は総務省、経済産業省、国土交通省、東京都、協力は文化庁)であり、プロジェクトが世界的な連携により進んでいることを坂村氏は強調した。「世界の1000社以上の組織と連携してエコシステムを形成している。トロンフォーラムはIoT分野で日本がイニシアチブをとった最大のグループ」(同氏)。この成果を支えたのが「オープン」という技術推進上の理念であることも付け加えた。

 シンポジウム初日午前の基調講演は、同氏による「IoT動く: 2016年のTRONプロジェクトと今後の展望」。同日午後には「2020年に向けた社会全体のICT化推進:Part 2」と題するディスカッションもある。さらに、行政機関など公共組織に集まる「オープンデータ」を積極的に活用して交通などの社会課題を解決する取り組み、東京五輪に向けたIoT活用のおもてなしサービス基盤、位置情報サービス基盤「ココシル」による地域活性化などの講演・ディスカッションが用意される。“IoTおもてなし”には、オープンデータに加え個人情報の安全な取得・活用が必要として、日欧で共同研究中のサービス基盤と、これを使った“スマートシティー”プロジェクトについて議論・講演が予定される。

 なお、TRONプロジェクトの成果によるIoTシステムのショーケースとして、東洋大学が2017年に開校する新学部の校舎を同氏は紹介した。1400以上の位置認識用電波マーカーや500近いセンサーを設置する。坂村氏は、2017年3月に東京大学教授を定年により退官した後、この学部の学部長に就任する予定である。