スギノマシン(本社富山県魚津市)は、同社のセルロースナノファイバー(CNF)「BiNFi-s」がフォスター電機の車載用スピーカーとシナネンゼオミック(本社名古屋市)の抗菌・消臭剤で実用化されたことを発表した。前者では振動板の強度向上などを目的に、後者では銀(Ag)や銅(Cu)を分散させるために使われる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料