PR

東京大学と東京工業大学らの研究グループは2016年12月20日、高速電子デバイスに使われるIII-V族化合物半導体(InAs)に鉄(Fe)原子を添加した混晶半導体(In,Fe)Asを作製し、(In,Fe)Asがn型で強磁性を示すと同時にその伝導帯(電子キャリアが存在するエネルギー帯)に大きな自発的スピン分裂が生じることを見出したと発表した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い