PR

「今日はどんな人と車内で一緒になるだろうか」――。同じ方向を目指す利用者が料金を共同で支払う”相乗りタクシー”の仕組みが東京都で始まる。国土交通省が旗振り役となり、2018年1月22日~同年3月11日の期間で実証実験を行う。大和自動車交通と日本交通の大手タクシー事業者2社が参画し、1000台規模で相乗りの仕組みを利用できるようにする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料