PR

NTTコミュニケーションズ(本社東京、以下NTT Com)と太平洋工業、岐阜大学の3者は、人工知能(AI)を用いて製造機械の故障を予知する実証実験を開始した。太平洋工業の工場内でプレス機や成形機の動作音と振動データを収集・解析し、それらの変化から故障の兆候を捉える。実現すれば、工場の稼働率向上を図れる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料