産業技術総合研究所(産総研)は2016年12月26日、ヒト細胞が有害性を感知すると細胞内でのRNA分解速度が遅くなる現象を基に、簡便かつ迅速に化学物質の有害性を評価する手法を開発したと発表した。環境中の化学物質の有害性評価、生体影響情報を含む水質検査、シックハウス症候群といった住環境評価などへの貢献が期待される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い