テスラに皆既日食、米国の現地情報

 3位は、米テスラが製品化した、住宅用の屋根一体型太陽光パネルが、予約の受付開始日に完売したことを報じた記事となった。

テスラのソーラールーフ・タイルが設置された住宅
テスラのソーラールーフ・タイルが設置された住宅
(出所:テスラ)

 米国の太陽光発電事情を紹介するコラムの一本で、著者が在住する西海岸をはじめとする現地の状況を中心に、再エネの大量導入を想定した仕組みや工夫には、日本にとって参考にできる事例が多い。

 2017年8月には、皆既日食が米国を横断した。地域全体で太陽光発電電力が急減するため、電力網の信頼性を維持できるかどうかが焦点となり、関連記事も多く読まれた。

3位:米テスラ社の「ソーラールーフ」、予約販売の開始日に完売

米国現地情報の他の上位記事:

米「皆既日食」、 太陽光の出力急変にグリッドが見事に対応!(8位)

太陽光パネルの評価結果に波紋、品質と生産規模の関係に一石(34位)

8月21日の米横断「皆既日食」、試されるグリッドの信頼性(39位)

米テスラがパナソニックと太陽電池生産で提携、その真意は?(49位:2016年11月公開)

保護措置で米国が世界で最も太陽電池の高い国に!?(55位)

米加州の太陽光パネルシェア、分散型では「米国製」が2強(60位)

米家庭用蓄電池、主導権を狙い有力企業が合従連衡(98位)

米で主役に躍り出る蓄電池、2025年までに35GW目指す(100位)

米太陽光市場、2016年は日本を抜き世界2位に(102位)

米加州、 太陽光と「恵みの雨」で、卸電力価格「0ドル」下回る(107位)

大型ハリケーンに耐えたナイロン製「バラスト式架台」(109位)