LEDフラッシュによるカラス撃退法

 4位には、各地の太陽光発電所を訪問するコラム「メガソーラー探訪」から、宮崎県日向市に大林組が開発・運営している発電所の例が入った。

 この発電所では、LEDライトを使ったユニークなカラス対策を検証していた。カラスは、石をくわえて飛来し、太陽光パネルの上に落とすことで、カバーガラスを割る悪戯をすることで知られている。

日向市のメガソーラーは、LEDフラッシュライトでカラス対策
日向市のメガソーラーは、LEDフラッシュライトでカラス対策

 国内の多くの太陽光発電所が被害に悩まされていることから、とくに関心を集めたとみられる。日向市のメガソーラーが採用したカラス撃退法を、より詳しく紹介したコラムも上位に入った。

 このほか「メガソーラー探訪」では、独創的な設置場所や、独自の開発・運用の手法などを紹介した記事も、多くの読者の関心を集めた。

4位:カラス撃退策に「新兵器」を導入した日向のメガソーラー

  ・カラス対策にフラッシュ光の「新兵器」、メガソーラーでも採用(59位)

「メガソーラー探訪」の他の上位記事:

鉄道沿線に10km!千葉ニュータウンの「最長メガソーラー」(9位)

木製架台、稼働2年後の現状は? 播磨科学公園都市のメガソーラー(12位)

半割パイプで雨水を受け止めるメガソーラー(27位)

太陽光の隠れた適地!? 北陸・宝達志水のメガソーラー(31位)

伊佐市から始まる「挑戦的な太陽光発電所」(33位)

マヨネーズ工場で自家消費する太陽光発電、キユーピー・五霞工場(35位)

「1ホールで1MW」の常識を超えた、三重最大の「18ホール・51M」メガソーラー(37位)

3タイプの草刈機を使い分ける阿波市のメガソーラー(41位)

「地権者300人」から託された43MWのメガソーラー(42位)

高圧洗浄を試みる松山の「モンチッチ海岸発電所」(47位)

120mのアンテナ下に設置した木更津のメガソーラー(52位)

湧水町に稼働した「水」を守るメガソーラー(54位)

「単管パイプ」で強度を確保、函館の太陽光発電所(62位)

「きめ細かな保守」で事業性を高める、みやま市・佐賀市のメガソーラー(64位)

バス駐車場に「太陽光付き屋根」、三重交通が導入したワケ(69位)

牧草と太陽光を分け合う新潟市の営農型メガソーラー(79位)

下水処理場が「太陽光+バイオマス発電所」に(86位)

北向き「悪立地」でも発電量を稼ぐ薩摩川内市のメガソーラー(88位)

東金市のメガソーラーに見る、多年草「ダイカンドラ」による雑草対策(95位)

里山の生態系に配慮した京都・亀岡のメガソーラー(97位)

スポーツ公園と調和する長門市のメガソーラー(99位)

「稼働1年以上前から作業」、津の51MWに見るメガソーラーの竣工検査(105位)