PR

「CTC」や「ctDNA」を捉える

 リキッドバイオプシーのカギを握るのは、腫瘍の性質を反映したごく微量の血液中物質(バイオマーカー)を捉える技術だ。現在、バイオマーカーの候補物質は大きく2つある。

 第1に、血中循環腫瘍細胞(CTC:Circulating Tumor Cells)。文字通り、腫瘍からわずかに血液中に漏れ出して体内を循環しているがん細胞だ。第2に、血中循環腫瘍DNA(ctDNA:circulating tumor DNAまたはcfDNA:cell free DNA)。血液中にわずかに漏れ出したがん由来のDNAである。これらの物質を高い感度と特異度で検出する技術の開発に、世界中の研究機関や医療機器メーカーがしのぎを削っている。