[画像のクリックで拡大表示]

 国内外の経済情勢や、それによる経営環境のめまぐるしい変化へ対応するため、リアルタイムな情報を基にした迅速な経営判断が求められている。大企業では経営の可視化のためにソリューションを導入することも一般的だが、予算規模が小さい中堅・中小企業では、システム構築や人材育成にコストをかけることはできない。

 そこで活躍するのが、低コストかつ短期間でシステム構築や設定が行え、簡単な操作で必要な情報を収集、分析できる中堅・中小企業向けERPパッケージ「MJSLINK II」シリーズだ。中でも「MJSLINK II 財務大将」は、中堅・中小企業向けERPの中核を担う存在だ。

 会計情報を迅速にとらえ、業務の効率化を図り、スピーディーな経営情報の可視化を実現。制度会計・管理会計などの多彩なオプション群による経営の最適化を可能にする。

 建設工事業、医療法人、公益法人、社会福祉法人、学校法人といった法人向けの決算出力にも対応するなど、幅広い業界・業種に対応している点も魅力の1つ。

 そのほかミロク情報サービスでは、長年にわたり税理士・公認会計士事務所やそれらの顧問先企業向けの会計システムを提供しており、導入実績は、全国8400社の会計事務所、1万7000社の企業にも上る。さらに、税務・経営のシンクタンク「MJS税経システム研究所」を中心に、最新の税制改正をいち早く反映させ、日本でも導入が検討されているIFRS(国際財務報告基準)対応への心配もない。

 さらに、MJSLINK IIシリーズである「販売大将」「給与大将」とシームレスにリンクすることで、ERPシステムとして導入効果を高めることができる。また、企業基幹業務に役立つ豊富なラインアップには、内部統制機能を強化した「Galileopt(ガリレオプト)」なども用意されており、企業の競争力強化を支援する。

ポイント

特徴
●会計情報を迅速にとらえ、業務の効率化を実現。スピーディーな経営情報の可視化に貢献
●販売大将・給与大将とのシームレスな連携
●医療法人、公益法人、学校法人などの特殊法人向け決算書出力にも対応
●全国の会計事務所8400社、企業1万7000社という豊富な導入実績
価格
70万円(税別)から