[画像のクリックで拡大表示]

 中堅中小企業では、情シス担当者が一人という状況も多い。その一方で、多数のサーバーを社内に抱える場合、もはや自社管理では災害時対応が行えなかったり、ブラックボックス化しているなど、危険な状況にも直面している。こうした課題に対応するため、クラウド化の検討を行ってみるものの、パブリッククラウドの場合、「セキュリティ」に不安が残り二の足を踏むことも多い。

 「セキュリティ」をとるか、「利便性」をとるか、二択を迫られていたサーバー管理において、新たな解決策となるのがソニービジネスソリューションの提供する仮想プライベート型クラウド「マネージドイントラネット」だ。

 これは、ネットワークとクラウドを組み合わせたサービス。社内LANとパブリッククラウドをVPNでシームレスに連携させ、ネットワークレイヤーから閉域性を確保、社内LANの中にクラウド環境を生成することで「セキュリティ」と「利便性」を両立する。

 汎用的なアプリケーションは豊富なラインアップのSaaSで提供し、個別カスタマイズが必要な場合はIaaSを利用。ネットワーク、サーバー、ルーターが独自のマネージメントツールで一元管理できるため、システム管理の工数削減も可能だ。運用面での集中管理が行えるこのマネージメントツールのおかげで、ユーザーは、クラウド化を実現しながら、システムがまるで自社内にあるかのような安心感も享受できる。

 もちろん、セキュリティ対策も万全だ。メールセキュリティは当然ながら、ネットワーク対策、ログ管理といった内部統制にも利用できる豊富なセキュリティアプリケーションが対応可能だ。

 そのほか、現在企業で導入が進むスマートデバイスのビジネス活用においても、リモートアクセスやIT資産管理サービスのMDM機能を提供するため、セキュアな環境での導入を容易に実現する。

  パブリックとプライベートの利点を併せ持つ「マネージドイントラネット」は、企業の情報システムをどのように変えるのか? たった一人の情シス担当者で内部統制強化やBCP対策を実現した事例など、詳細な資料を提供しているので、以下よりダウンロードいただきたい。

ポイント

特徴
●パブリッククラウドとプライベートクラウドの利点を合わせた、仮想プライベート型クラウド
●汎用アプリは豊富なラインアップのSaaSで提供、カスタマイズが必要なアプリはIaaSを利用
●サーバー、ネットワーク、ルーターと、単一ツールでの集中管理を実現
●セキュリティ対策に有効なアプリを豊富に提供
●スマートデバイスのビジネス利用に有効なリモートアクセスとMDM機能を提供

価格
月額利用料3万1500円~ 初期費別途