[画像のクリックで拡大表示]

 企業活動におけるWebサイトの役割は、かつてとは比べ物にならないほど大きなものになっている。コーポレートサイトやブランドサイトの併存など、複数サイトの運営にあたっている企業も多い。また、スマートフォンの登場以来、Webサイト利用者とのインタラクティブな関係性も変化し続けている。そうした状況に対応するためにWebサイト運営コストは増大し、費用対効果、運用体制など様々な問題が顕在化している。

 こうした大規模サイトが抱える課題を解決するのが、ミックスネットワークが提供するWebサイト構築・運営プラットフォーム「SITE PUBLIS Multisiteライセンス」だ。このプラットフォームは、複数サイト運用の一元化はもちろん、レイアウト・デザイン、さらにはコンテンツ資産やデータ活用までも集中管理が可能な機能を搭載している。

 これまでのWeb構築用のCMSパッケージと異なる点は、Webサイトをページ単位のテンプレートではなく、ページを構成する各要素をブロックとして管理していることだ。そのため、新たなテンプレートを追加・構築する必要がなく、各デバイスへの最適化を簡単に実施できる。スマートフォンアプリの紹介ページを作成した場合、アプリの概要説明は共有しつつ、ダウンロード先はiOS、Android端末といったようにOS別に変更するといった運用も手軽に行える。

 さらに、「SITE PUBLIS Multisiteライセンス」を利用することで、Webマーケティング戦略の横断的な実施と大幅なコスト削減を実現する。Webサイト管理者が共通プラットフォーム上でWebマーケティング戦略を実施していくため、個々のサイト間、サービス間での統制、ブランディングをより横断的に実施できる。また、解析結果やユーザーニーズのWebサイトへの反映も一気通貫に行えるため、PDCAサイクルのスピードと質の向上が可能となっているのも魅力だ。

 動的コンテンツのハイパフォーマンス処理、他システムとの連携、開発のミドルウエア、マーケティングデータの統合、マルチデバイス配信を実現するWeb基盤ツール……。CMSに求められる役割は、コンテンツ管理からサイト運営基盤へと大きく変わりつつある。「SITE PUBLIS Multisiteライセンス」は、そうした変化へも柔軟に対応できるCMSが求められている。

ポイント

特徴
●複数サイト統合管理によるコスト削減と、ガバナンスの向上
●マルチデバイス対応を容易にし、顧客接点の強化を実現
●一気通貫のマーケティング施策により、スピーディな対応を実現
価格
1500万円~ ※別途、PUBLIS Enterpriseライセンスが必要